嫌いな青汁を飲むからにはどんな効果があるのかを知りたい!

青汁というのは非常に栄養価が高い飲み物です。
普段の食生活で不足している栄養価を補給できる健康補助食品といえば青汁です。
ではそもそも青汁の主成分、そして栄養素というのはどのようなものなのでしょうか。

知っておくべき青汁の主成分

青汁はメーカや商品によって色々な原料が使用されています。
主成分もそれぞれ異なるのが特徴です。
基本的によく使用されている原料は、大麦若葉です。

大麦若葉だけではなくケールや明日葉、さらには桑の葉が使用されているものもあります。
原料によって得られる効果も違えば、効能も異なります。
主成分以外にどのくらいの添加物が含まれているのかもとても重要なポイントになります。

青汁の中には飲みやすさを追求したために砂糖や甘味料がたっぷりと含まれているものもあります。
青汁本来の効能が得られないこともありますので注意が必要になります。

青汁の成分と得られる栄養素

青汁にはビタミンやミネラルがたっぷりと含まれています。
青野菜が原料ですので、食物繊維も豊富に含まれます。
また、お通じに良いオリゴ糖も含まれているものが多いです。

ただ、青汁には加熱処理と非加熱処理との製造方法で製造されています。
加熱処理の場合には高温で作られていますので、熱に弱いビタミンB1、Cといったものは壊れてしまいます。
そのため、熱によって加熱処理されていないものを選ぶようにしてください。

野菜不足解消に本当に効果的なの?

現代人は食生活の変化に伴い、栄養の偏りが目立ちます。
野菜不足が深刻で、毎日の食事だけで理想的な摂取量を摂取できないものです。
そのような時に青汁は野菜不足を補えるのです。

野菜は緑黄色野菜はもちろん、淡色野菜と栄養価はそれぞれ違います。
色々な種類を組み合わせて食べることによって、はじめてバランス良く栄養素を補給できます。

淡色野菜に含まれる栄養素は、緑黄色野菜から補給できますが、緑黄色野菜に含まれる栄養素を淡色野菜から補給することはできません。
それくらいに緑黄色野菜から得られる栄養素というのはとても多いのです。

藍の青汁ステラの贅沢青汁はまずいことで有名です。

野菜ジュースじゃだめ?

青汁ではなく野菜ジュースを飲みたいけど…
そのような方も多いと思います。

野菜ジュースの原料は緑黄色野菜が多いですので、確かに栄養素を補給するのであれば一定の効果が得られます。
しかし、野菜ジュースは飲みやすさを追求しているものですので、どうしても砂糖が多く含まれています。
そのため、カロリーを過剰摂取してしまい、体のために飲んでいるのに太ってしまうこともあるので青汁の方がヘルシーです。

コメント